どうも。
うたたねこです。





今月は「水墨カービィまとめ」を2回更新できました。3月から「毎日水墨カービィ」を再開したので、今後もこのペースを維持していけたらなと思います。

絵を描く頻度が上がると気になってくるのがネタ切れ。毎日「今日は何を描こう…」と考えるのではなく、いくつかシリーズものも用意しておいた方がよいですね。

msk_289

シリーズものといえば、スマブラの全キャラをコピーしたカービィを描いていました。途中完全に停滞していましたが、確か残りは10人くらい…とりあえずこれから仕上げましょう。

それでは本題。昨年の12月から始めたTwitterの毎月投稿企画。3月は「#弥生の毎日四字熟語」と題して、毎日1つの四字熟語を2つの書体で書いています。…書いていました。


最後に書いたのは3月12日…。その後、スタアラの記念作品や教室の課題などに取り組んでいたら忘れてしまっていました。そしていつの間にか今月もあと5日です。

4月は「星のカービィ生誕28周年記念プププ祭」と題してブログは毎日更新予定。それに合わせて、せっかくならTwitterの毎日投稿企画も1度くらい完遂してみたいところです。

ということで、4月の毎日投稿企画は「#卯月の毎日カービィグッズ紹介」の予定。これまでにブログで紹介したグッズを改めて簡単に紹介していきます。ぜひご覧ください。

…また話が逸れてしまったので改めて本題。そんな訳で、Twitter用に書いた四字熟語の作品がもう少し残っています。今日はそれらを一気に紹介してしまいますね。

漢字No.43「日進月歩」


No.43k_nissin2
隷書
No.43k_nissin1
篆書

最初の作品は「日進月歩」。「日ごと月ごとに、絶えず進歩すること」という意味です。安心安定の隷書と篆書で書きました。

半紙に書くと漢字の画数が上2文字は少なくて下2文字が多くなります。書く前は作品になりづらいかと思いましたが、重心が下にあることで意外と安定した作品になりました。

漢字の形に着目すると、篆書の「月」がお月様そのままなのが面白いですね。楷書ではわからなくても、篆書にすると漢字の成り立ちがよくわかるものがたくさんあります。

漢字No.44「魑魅魍魎」


No.44k_timi1
No.44k_timi2
隷書
No.44k_timi3
No.44k_timi4
篆書

続いての作品は「魑魅魍魎」。「種々の妖怪変化や様々な化け物のこと」という意味です。隷書と篆書が2枚ずつ。1枚目が普通に書いたもので、2枚目は少し遊んでみました。

4文字全てに「鬼」が入るので、初見のインパクトはかなり強め。でも書道作品として考えると、同じパーツが4つもあるのでそれぞれに表情をつけるのが難しかったり…。

難しかったのは篆書の2枚目。隷書ほど書き慣れていないので、まだどうやれば格好良く仕上がるのかがよくわかっていませんね…。もっと鍛錬が必要です。

漢字No.45「花壓樓臺」


No.45k_kaatu1
草書
No.45k_kaatu2
隷書
No.45k_kaatu3
篆書

最後の作品は「花壓樓臺」。見慣れない漢字が並んでいますが、それぞれ「壓」は「圧」、「樓」は「楼」、「臺」は「台」の異字体です。

教室の自由課題を書いたのですが、問題が1つ…。課題として出されたのは「花壓樓臺」という言葉だけだったので、意味はおろか読み方すらわかりません。

普通に読むと「かあつろうだい」…でしょうか。意味は「樓臺(楼台)」が「高く築いた立派な建物」というのはわかったのですが、これ以上はネットで調べてもよくわかりませんでした。

しばらくしたら詳しい解説が出てくると思うので、また改めて解説できたらと思います。もしご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。

閑話休題。作品解説に戻ります。こちらの作品のみ、半紙ではなく条幅の作品です。最終的に篆書の作品を提出したので、あとの2枚には「転猫書」と名前を入れておきました。

また話が逸れますが、せっかくなので解説しますね。「転猫」は「うたたねこ」を漢字で書いたもの。「転た寝(うたたね)する猫」で「うたたねこ」、漢字で書くと「転猫」です。

この作品は上の「魑魅魍魎」と同じときに書いたので、篆書を提出できるレベルの作品として仕上げることを目指しました。…とりあえず「華」は上手く書けた気がします。

ということで「#弥生の毎日四字熟語」のまとめ記事でした。また気が向いたら四字熟語を書くこともあるかも…。とりあえずは来月の「プププ祭」に備えます。

では。次の更新は3月28日の予定です。




人気ブログランキングへ
最後までご覧いただきありがとうございます。
よろしければクリックをお願いします。