どうも。
うたたねこです。

msk_496

「星のカービィ生誕28周年記念プププ祭」4日目!!!今月はカービィの誕生日である27日まで毎日更新の予定です。ぜひお付き合いください。

さて、偶数日は墨象作品を紹介。「プププ祭」で紹介する墨象作品は全て「コピー能力墨象」作品を紹介予定。基本は非文字作品となりますが、たまに文字を題材にすることもあります。

No.215b_bubble

「コピー能力墨象」とはその名の通り、カービィのコピー能力を題材とした作品のこと。例えば上の作品はコピー能力「バブル」を題材とした作品でした。

前回の墨象作品に引き続き、今日もオシャレな作品を目指します。イメージはカフェに飾っても映えそうな作品ですね。それではまずは今日の題材から。

今日の題材は…


copy23

今日の題材はコピー能力「スープレックス」。初登場は「SDX」、その後「USDX」と「スタアラ」にも登場します。初期の見た目はファイターの色違いでした。

スープレックス最大の特徴は何と言っても技の多様さ。コマンド入力によって様々な投げ技を繰り出すことができます。攻撃力も高いのでゲームではお世話になりました。

そんなコピー能力「スープレックス」で題材としたのは、たくさんある投げ技です。技を出した時のカービィの動きをイメージしながら非文字作品として仕上げてみました。

今日紹介するのは1枚だけです。しかし技の組み合わせは無限大と言っても過言ではないので、他にも作品が書けそうな面白い題材でした。それでは今日の作品です。

墨象No.282「↓YYYB↑↓Y」


No.282b_suplex

タイトルは「↓YYYB↑↓Y」です。そのまま「したわいわいわいびーうえしたわい」と読んでください(笑) 見てわかる通り、スープレックスで入力するコマンドをタイトルにしました。

「ピンポイントキック」「つかみダッシュ」「もうれつストンピング」「がんせきおとし」「バックブリーカー」「ボディスラム」「てっぽう水ラリアット」の順番で技が繰り出されます。

本当は動画でもあれば分かりやすかったのですが…3DSにはSwitchのような録画機能がないので無理でした。試しにスマホで撮影してみたところ、自分の顔が映ってしまうので断念。

それでは作品解説に戻りましょう。書き出しの縦に長い線が「ピンポイントキック」、そして紙の上下真ん中を走る波打った横線が「つかみダッシュ」です。

そしてこの横線と重なるようにして残りの技を繰り出していきました。まず「ピンポイントキック」の横にある複数の縦線が「もうれつストンピング」です。

そこからのグルグル回る線が「がんせきおとし」、上下にあるカクカクした回転する線が「バックブリーカー」と「ボディスラム」で最後の掠れた線が「てっぽう水ラリアット」でした。

技をどの順番で繰り出すのか、そして線と線をどこまで重ねるのかというのが難しかったですね。特に最後の「てっぽう水ラリアット」が難しくて、何度か失敗してしまいました。

そして今回も問題となったのが落款印の位置。上下ともに余白は広いのですが、「つかみダッシュ」の横線より上は考えにくいので必然的に下の方に押すことになります。

「がんせきおとし」のグルグル回っている線の右下という案もあったのですが、悩みに悩んで最終的には無難なこの位置に収まりました。うーん…悩ましいところです。

今日は細い線のみでオシャレな作品を目指したので、墨象作品というよりは誰かのサインのようにも見えますね。色紙にこんなオシャレなサインを1発で書けたら格好良いなと思います。

では。明日も更新します。




人気ブログランキングへ
最後までご覧いただきありがとうございます。
よろしければクリックをお願いします。