どうも。

うたたねこです。

kirby-saying

「星のカービィ おぼえておきたいことわざ」

ということわざの本を購入しました。

説明は少しあっさりしていますが、100個以上の

ことわざが収録されていてボリューム満点。

新旧色々なゲームやグッズなどのイラストが

使われているのでとても楽しい本です。

勉強になり、個人的には色々と作品のネタにも

なりそうなので大満足の一冊ですね。

近々何か作品を書ければなと思います。

それでは本題。

今日は約1か月ぶりに墨象作品を1枚紹介。

ここ最近は仕事でほとんど書道が出来なかった

のですが、ようやく余裕が生まれそうです。

社中展と宇野雪村賞展まであと約1か月。

気合を入れて頑張っていきましょう。

それではまずは今日の題材から。

今日の題材は…


No.350d_gorin[1]

題材は漢字の「五輪」。

書体は隷書です。

「五輪」といえば宇野雪村賞展の規定課題の

1つで、先日草稿もいくつか練りました。

今日はその草稿の1つを作品化…したわけでは

残念ながらありません。

一応全ての草稿を書いてみたのですが、

どうも上手く作品にまとまらなかったので

新しく草稿を練って作品を書きました。

それでは今日の作品にいきましょう。

墨象No.350「墨象五輪」


No.350b_gorin[1]

タイトルは「墨象五輪」。

作品は左右2つのパーツに分かれており、

左が「五」、右が「輪」を書いています。

「五輪」という言葉を横書きで墨象作品化

したのでタイトルは「墨象作品」にしました。

恐ろしく普通のタイトルですが、

もし実在したら面白そうなイベントですね。

イベントといえば、約2週間後にとある

書道のイベントにも参加予定です。

個人的にかなり楽しみにしているので、

終わったらブログ記事でも紹介しますね。

閑話休題。

この造形の墨象作品は意外と見かけませんね。

パーツ間の筆脈が分かりやすく、パーツ同士で

雰囲気を変えると作品が単調になりません。

今回は半切1/2(70cm×35cm)に書きましたが、

これが半切(140cm×35cm)であればもっと

文字数を増やしても良いかもしれませんね。

単純に考えれば四字熟語でしょうか…。

社中展のネタになり得るので考えてみます。

では。次の更新は7月30日の予定です。




人気ブログランキングへ
最後までご覧いただきありがとうございます。
よろしければクリックをお願いします。